レギンスの流行

レギンス着こなしの王道!総レースのスイートワンピにレギンス♪


ひざ上の短め丈なのでレギンスと合わせて軽やかに!

レギンスという名前で新たに人気が集まっているスパッツ系のファッション。
ハーフパンツ状のものは欧米ではカルソン(calcon)もしくはレギング(leggings)と
呼ばれるんですが、レギンスという呼び方はここから来ているんですね。

たとえ以前から持っているスパッツであっても、レギンスというだけで
流行を取り入れた気分になれるかも?

レースやシフォンなど透ける素材のスカートの下にレギンス(スパッツ)を履く、
あるいはロングTシャツなど丈長のトップスの下にレギンスを履く、
「見せ系下着」みたいなレギンスの着こなし方も素敵ですよね。

こういうレギンス(スパッツ)系パンツの着こなし方は
1986年頃からパリコレなどに登場しました。
ボディラインにフィットする服(ボディコン)の流行とともに定着し、
レギンス(スパッツ)の丈も、くるぶし丈、膝丈と徐々に短くなり、
柄物レギンスまで登場して若者だけでなく主婦層にも受け入れられるように。

レギンス人気は1993年頃コレクションで復活し、レース付きレギンスなど
「見せ系下着」のデザインが一気に増えた頃もあります。

今注目を集めているレギンスは、スキニーファッションやレイヤード
スタイルの流行の一部としてのレギンス
スキニーファッションとかパリコレとかのイメージでは
レギンスは体型に自信がなくては難しいアイテムに思えてしまいますが
そこは工夫次第、取り入れ方のセンス次第とも言えます。

レギンス基本形はこっち!

4/24追加!いつもと同じお洋服にレギンスを加えるだけで新しいスタイルに変わる!足首がキレイ...

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集